インスタ映えのボバ?大阪ではどこで飲める?

気になるニュース
広告
広告

表参道で2時間待ちというLA発祥のカフェ。

そしてボバという謎の食べ物。

 

みるとほぼタピオカ。

 

調べると、日本では『タピオカ』という呼び方が主流なのだが、世界各地で親しまれているタピオカ入り飲料はその土地の言語で様々な呼び方とのこと。

 

ボバティーが商品としてヒットしたきっかけは台湾からで、香港やアメリカへ広がり出した頃に現地の言葉の『ボバティー〔波霸奶茶〕』というのが元祖の呼び方である。

 

 

つまり、ほぼ一緒ということか?(笑)

 

感想を聞くと食べ応えがあるタピオカということで、タピオカ好きな人にはたまらんのだろう。

ドリンクの色も綺麗だし。

 

 

 

芸能人が紹介したとのことで、こちらのお店が今どきの若い女子(インスタ映え)に流行っているとのこと。

 

ちなみに他のドリンクもラテアートや、他のメニュー(パンケーキ)なども美味しそうだったので、これからも人気が続くだろう。

 

urthcaffeのサイトはこちらから

 

 

 

 

ちなみに大阪で飲めるボバティーのお店を探してみた。

 

広告

Asian Sabou

味庵茶坊 | 大阪・心斎橋の台湾料理・タピオカドリンク
心斎橋より徒歩4分!味庵茶坊は小籠包・点心・餃子など台湾の本場の味をリーズナブルに楽しめる台湾料理店です。ランチ・ディナー・カフェ使いもOK!モチモチ食感が美味しい人気のタピオカドリンクはテイクアウトも可能です。女子会や各種宴会にも♪飲み放題、団体様の貸切も承ります。

 

タピオカミルクティー(500円)

 

こちらはアメ村からにも近く、本格的な台湾料理も食べれるお店。

 

ボバ(タピオカ)ドリンクはテイクアウトもでき、そのまま大阪観光や買い物途中の休憩にも良さそう。

 

ガッツリと定食や軽食、点心、デザートまでなんでも揃っているため、何時に行ってもオッケーなお店だろう。

 

タロ芋パフェ。(780円)

 

よくばりSet。点心4つもついて1200円。

 

 

 Goncha Tennoji Mio

 

ゴンチャ|ショップガイド|天王寺ミオ
天王寺ミオ 本館オフィシャルWEBサイト。ショップ&レストラン、イベント情報、ミオ講座、フロアガイド等について紹介いたします。

 

ブラック ミルクティー+パール(Mサイズ)529円

 

 

こちらは台湾発・アジア中心に世界1,500店舗超を展開する世界有数のティーカフェ。

 

こちらは関西発!3月16日にオープンしたてのお店で、甘さやトッピング、氷の量も自分の好みにできる。

 

こちらでは、タピオカはパールと呼ばれ、他にもアロエやシード、ナタデココのトッピングができるみたい。

 

 

こちらは軽食がメインのようなので、最近改装したMIOで買い物し、休憩にいかがだろうか。

 

gongchaのホームページはこちら

 

 

 

タピオカはボバパールなど色々呼ばれていて、その名前が変わることでブームになっているようだ。

 

それでもインスタ映えはするだろし、なにより美味しい。

 

大阪でも楽しめるので、ぜひ一度行ってみてはどうだろうか。

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。