おしり大きいオバサン体型の人必見!今すぐ見た目を-3キロにする方法。

ダイエット
広告
広告

若いプリっとした上がったお尻でさっそうと歩く女の子をたまにみるが、とても憧れる。

 

外国人はこのようなお尻が多いそうで、日本人はどちらかというと、のぺーとした平たいお尻の人が多いそう。

 

 

そしてこのお尻は年齢とともに下がってきて、デニムなどを履くと後姿が残念なことになってくる。

 

 

そう。これもおばさん体型の特徴のひとつだ。

 

わたしがみるおばさん体型の特徴としては、

  • 尻がたるんでいる
  • 背中の肉が下着で段ができている
  • 二の腕ぶるんぶるん
  • おなかがおっぱいぐらい出てる

 

こんなもんだろうか。(やべーーーー)

 

 

 

 

そして、私も最近調子に乗って毎日アイスを夜中に食べているので、おなかが出てきた。

 

うちには11か月の次男がいるのだが、「んま~」と可愛くハイハイしてきて頭をおなかにうずめる。

可愛い奴。と思いヨシヨシしていると服の上からはらを噛まれる。

 

 

さらに、2歳の長男が私のパジャマのムーミンをみて「みい?(わたしのこと)」と聞いてきたりとヤバイ状態になりつつあるので、またダイエットをしていかないといけないな。と感じている。

 

 

そこまで体重は変わっていないとはいえ、やはり体のたるみから見た目が変わってくるのだろう。

 

 

 

話は戻って、お尻の話だが、私は典型的な和尻だ。

 

 

お尻も大きめなのだが、あることをするだけで小さく見えるようになった。

旦那さんもお尻が小さくみえるようになったと言っていた。

 

 

 

その小さくする方法は、お尻に力をぐぐーっと入れること。

 

普段、立ったり座ったり、背筋をピンとまっすぐ意識することはあってもおしりに力を入れることはなかなか少ないのではないだろうか。

 

 

立って家事をしている時や、スマホをいじっている時、座ってテレビを見ている時、寝ている時でも気持ちがいいと思うぐらいでいいので肛門に力をいれてぐぐーーーとしめてみてほしい。

 

 

 

歪んだ姿勢のまま過ごしている人はもしかしたら力をいれると骨がミシミシと言うかもしれない。

 

 

それぐらい骨にゆがみが出ていて、その骨についている筋肉や脂肪たちが引っ張られて大きく見えるのだと思う。

 

 

 

私は今までヨガやエステも行ったこともあるが、長続きせず、小さくなったのかどうかもあまり分からなかったが、このお尻に力をいれることを頻繁にすることによって、おしりもしまるせいか足の場所も安定し下半身痩せに少し繋がったようだ。

 

 

女性は特に、妊娠・出産のために骨盤が開きやすいため余計にぐらぐらしやすくおしりが大きくなるのだろう。

 

特に産後のお母さんでおしりの大きさが気になる人は、このお尻に力をいれる運動を取り入れると、むしろ産前よりも小さくなると思われる。

 

 

私はこれで産後、下半身痩せを成功したので是非ためしてほしい。

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。