岩盤浴でデトックス効果はないらしい。常識だと思っていることが実はうそなのかもしれない。

気になるニュース
広告
広告
広告

「汗をかいてデトックス」はウソだった、研究報告(ナショナル ジオグラフィック日本版)- Yahoo!ニュース

 

こんなニュースがさきほどTwitterで話題になっている。

 

と、いうことは、岩盤浴や、サウナ、温泉施設でよくやるモクモクの湯気の中熱風吹っ掛けられる意味がなくなるということだろうか。

 

どんなに大量の汗をかいたとしても、その日体内に摂取した汚染物質の1%すら排出できない

 

まじかー。なんなんだ。

そうなるといろんな商品が売れなくなってくるよね。

 

入浴施設もさることながら、エステもバンバン汗かかせて老廃物を出しましょうって、湯煎でローストポーク作るみたいにラップでぐるぐる巻きににされたし、デトックスとか書いてる入浴剤も売ってるし。

 

これはもう商品の説明を変えないといけなくなる。

 

 

つまりは、こういうデトックスとか美容系って結局のところ本当かうそかわからないことが多い。

 

 

 

正直に言うと、歯科衛生士として働いているが、フッ素もどうなのかわからない。

 

だって、明らかにフッ素を塗って固くなったり目に見えて強くなったのなら分かるが、フッ素を塗る時は全体的に歯に塗るわけだし、比較がないため分からない。

 

一応、常識としてフッ素を塗り、虫歯のところが少し溶けるのがマシになっているように見えるので使っているが、果たしてこれがどこまでの効果をもつのかは正直謎である。

 

 

まあ、それでもフッ素に関しては、研究もされているし問題はないとは思うので日常的にも歯磨き粉で使うに越したことはないのだが、今回の件のようなあいまいな情報におどらされていることが多々あるんだろうな…と実感した。

 

 

話は戻るが、老廃物といえば尿と便なので、それをしっかり出すことが本当のデトックスなのだろう。

 

しっかり水分をとって、排せつする。

 

これがいちばん大事なことなんだろな。

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。