KaoRi.さん、水原希子さんが訴える。パワハラからの性暴力。

気になるニュース
広告
広告

KaoRi.さんの

その知識、本当に正しいですか?

というブログが話題になっている。

 

内容は、日本を代表する(らしい)写真家の荒木経惟氏から受けた、裸の写真を嫌でも撮る・契約書もない・少ない報酬(無報酬)しか渡さない・パワハラ発言など読むだけで腹が立つような話だった。

 

 

これを受けて水原希子さんもInstagramのストーリーという機能で

荒木氏(アラーキー)から受けた自身の体験も投稿した。

 

 

「私も20代前半の頃ある企業の広告撮影で上半身裸になって手で胸を隠して撮影をする事があったんだけど、その時だけ何故か沢山の男の人、多分上層部であろう20人ぐらいの社員の人達がスタジオに来て、裸だから撮影中は見られたくないと伝えたけれども、写真を確認しなくてはならないからと言う理由で、結局、仕事だからと拒否できないんだよと言う理由で、沢山の男性に裸を見られる環境の中で撮影を強いられた事があった。」

 

 

くそやな、このおっさん。

もちろんこの写真のおかげで売れた人もたくさんいただろうし、もしかしたらこんだけ知名度のある人間に自ら写真を撮ってほしいという人もいただろう。

 

 

じゃあこの話のなにが問題かというと、自分の名誉や尊厳のためにモデルさんを尊重せず、自分の立場を利用して好き放題やりたい放題してることだ。

 

KaoRi.さんに至っては、「俺のミューズ」とかなんとか調子のいいこと言って、女性として人間として扱ってないよな。

自分が有名と言う立場を利用したパワハラと、DV(じゃないけど依存性を利用したこと)が混ざったような感じにみえる。

 

だって、普通に初対面の人とか目上の人に、娼婦とか言わんぞ。

しかも、お前が裸撮ってるんやろが。

 

 

KaoRi.さんも水原希子さんも、あのような世界にいるなかで声をあげることは本当に勇気がいったことだと思う。

 

 

しかし、世の中にはこの話にも色々感じ方があるんだと感じた。

ネットでも、「それが仕事なんだから。」という人もいた。

 

そりゃ、そうかもしらんし、仕事ならしたくないこともしないといけない時もあるけど、それならそれで信頼関係がないと成り立たない部分もあるよね。

 

アラーキー、間違ってるよ。

 

だいたい、モデルがおらんとあんたの仕事も成り立たんからな。

私はあなたのことあんまりしらん。ただのおっさんにしか見えんし。

 

謝罪するべきじゃない?そして慰謝料いるんちゃうか?

 

 

 

話は変わるが、男の人の性犯罪の被害もたくさんあるようで。

女性ばかり目を向けがちだし、比較的女性のほうが犯罪に巻き込まれやすいのだが、男の人も辛い思いをしていることを理解しておかなければいけない。

 

 

ちなみに私は幼少期の頃はまだ何も分からず気づいていなかったが、小学校高学年の近所のお兄ちゃんが家に誘ってきて、なんとなく体を触られたことを覚えている。

 

普通に遊んでいただけかと思っていたが、今思うとなんか怪しい。

 

 

ほんと、こんなことやったらあかんでー!!!

子どもも注意して、早めに性教育せなあかん。

というか、ちゃんと学校でも低学年のうちから早めに性教育せな犯罪巻き込まれるで。

 

 

森友問題とかいつまでもやってて、どうでもよくなってきたし、

正しい知識と理解をするためにテレビとかでもこの話題を取り上げてほしいと思う。

 

 


にほんブログ村

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。