バナナマン日村さん結婚から考える。結婚できる男とできない男。

気になるニュース
広告
広告

顔がイマイチでもモテる理由

 

バナナマンの日村さんの結婚報告がラジオで発表された。

 

相手は前から交際宣言されたいた神田愛花アナ。

 

相方の設楽統さんが婚姻届けの証人になったとのこと。

 

 

ここで私は思う。

最初、バナナマンが出てきたとき、日村さんは気持ち悪いキャラで通っていた。

当時は歯もぐちゃぐちゃで奥歯もなかった。

 

髪型も良く分からないキノコカット。

 

それが、だんだんキャリアを積んで世間で知られるようになり、歯も綺麗な被せものをいれるぐらいに売れ、彼女もできた。

 

そして最終結婚まで至っている。

 

 

世の中には、顔が不細工でモテない人間などたくさんいる。

不細工じゃなくてもモテない人もいる。

 

この違いはなんなのか。

広告

笑顔が多く、話し方が優しい

バナナマンふたりともなのだが、テレビで日村さんを見ていると、よく周りをみていてにこやかに話している。

 

そして、とげがなく人当たりがいい。

テレビからしか分からないが、この人は優しい人なんだろうなとすぐわかる。

 

だいたいテレビに映っている人間は、我先に。我がいちばん。といった感じだが、そういった焦りや我の強さもそこまで出さずに穏やかだ。

 

そういうところが女性に安心感を与えるのではないかと思う。

 

出会いが多い

根本的にはここだろう。

結婚相手の神田愛花アナも昔、日村さんをタイプの顔だと言っていた。

 

芸能界にいればたくさんの出会いもあるし、それだけ色々なタイプの人間がいるので、自分を好いてくれる人が見つかりやすいのだろう。

 

もし結婚できない。出会いがないと思うのなら、一度町にくり出したり、ひとりで飲みに行ったりして自分から出会いの場を作るといいのではないだろうか。

 

 

歯がキレイになった

ここ、私はすごく大事だと思う。

 

歯がぐちゃぐちゃで奥歯がなかった時と今とでは印象が全く違う!

 

 

歯がなくなる原因はさまざまあるが、あの若さならおそらく虫歯かと。

となると、相当歯磨きができておらず歯医者にも通っていなかったのだろう。

 

歯がボロボロになるほどの虫歯は末期だ。

歯垢や歯石も大量についていたなら、歯周病の原因にもなる。

 

そうなると食事するときの食べ方も汚いだろうし、なにより口臭もすると思う。

キスもしたくない。

 

 

きれいな被せものを入れて奥歯も歯がはいった今なら、印象も変わり好感度もかなり上がるだろう。

 

歯は大事よ。

 

お金を持っている

なんだかんだでこれもあるだろう。

 

金持ちの顔がイマイチなやつに、美人な彼女は鉄板だ。

 

ただし、お金を持っているからといってケチではダメだ。

お金を持っていて、なおかつおおらかでないといけない。

 

最終的にお金はなくても、ある程度金銭面に関してゆるめの人のほうがモテるような気がする。

 

お金にケチな奴はだいたい神経質なやつも多い。(うちの父親)

 

日村さんも見ているだけでもおおらかな性格が伝わる。

これが結婚できる男とできない男の違いではないだろうか。

 

 

まとめ

持論ではあるが、顔がイマイチでも結婚できる男とできない男の違いを考えてみた。

こういう男性は友達も多そうに見える。

神田愛花アナもいい男性と結婚しただろう。

 

ちなみに私は・・・。

まあ、自分の身の丈に合った人と結婚したかな。(笑)

 

自分がいいパートナーと結婚したければ、それだけ自分磨きもしないといけないんだろうなと改めて考えさせられたのであった。

 


にほんブログ村

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。