カンガルーケアでの障害。和解金成立。

広告
広告

今回こんな気になるニュースがあった。

 

 出産直後に母親が肌を合わせて新生児を抱く「早期母子接触」(カンガルーケア)で脳に重い障害が残ったとして、滋賀県草津市の男児(4)と両親に対して同市内の医療法人側が解決金を支払う和解が27日、大津地裁(西岡繁靖裁判長)で成立した。両親らは約1億6000万円の損害賠償を求めて提訴していたが、解決金額は非公表。原告側代理人によると、病院側の責任を認めた実質勝訴としている。

 訴状などによると、30代の母親は2013年4月、医療法人が経営する市内の産婦人科医院で男児を出産。男児の頭を左腕に乗せ向き合った状態で過ごしていたところ、男児の心肺が停止し、脳性まひを発症した。

 カンガルーケアを巡っては、日本周産期・新生児医学会などが12年10月、事故防止のための「留意点」を公表している。原告側代理人によると、和解内容は、スタッフが付き添うなど十分な観察・管理が必要とする留意点を医療法人側が守っていなかったと指摘した。「ただの添い寝で早期母子接触ではない」とする医療法人側の主張は認められなかった。

 和解成立を受け、原告側代理人は「従来の訴訟では病院の責任を認めないケースが多かった。『留意点』を守らなければならないことが明確になった」と述べ、40代の父親は「もう二度と不幸な事故が起きないようにしてほしい」と語った。

引用:毎日新聞

 

出産をした人はこのカンガルーケアを経験した人が多いのではないでしょうか。

 

子どもを裸で抱っこして、その姿がカンガルーの親子に似ていることからそう名付けられたそうで…

 

私も二人の息子を出産し、このカンガルーケアをさせてもらった。

 

このカンガルーケア、調べるともともとは極低出生体重児(出生体重1,500g未満)に対するものだったらしくそのメリットとして下のことがあげられます。

 

• 皮膚接触によって児の体温が維持され、呼吸が安定
し、体重増加を促進する
• 母乳分泌が増し、母乳哺育の期間が長くなる。
• 母子の愛着が深まる。
• 母親の未熟児出産による喪失感を克服する

 

さらには、NICUなどの治療で母子分離が長くなると、虐待されるリスクが高いとの結果があるらしく、こどもを守るために必要なことらしいです。

 

私も次男を34週の早産で産んでしまい、保育器に入って必死に息をしているのを見ていると胸が張り裂けそうな、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

もちろんもっと早く、もっと小さく出産された方もいると思うのですがみんな同じ気持ちだったと思います。

とにかく生きてほしい。頑張ってほしい。

 

 

保育器に入っている息子は小さいので、面会に行ってもだっこもあまりできず、ただ触るだけ。

授乳時間になっても、母乳を搾乳したものをNICUかGCUに持っていくだけなのですが、出産して数日後、助産師さんからカンガルーケアの話をされて体験することになりました。

 

長男も近くの病院で出産したときはカンガルーケアと言われ、出産後数分間ぼ~としながら抱っこしていたのですが、大学病院で出産した次男に関しては、しっかりモニターをつけられて、酸素もきちんと送られ管理された状態で抱っこさせてもらえた。

 

もともとの定義でいえば、次男のようにしっかりと管理の下でカンガルーケアを行わないといけなかったのだろうと思います。

 

でも、必死になって食いしばって痛みに耐えて産んだわが子を抱っこできる喜びも分かる。

そして、産後は片付けや次の出産の準備などに忙しい病院のスタッフの気持ちも分かる。

 

 

今回の問題は管理不足ということもあるだろうが、このカンガルーケアはいわば病院側のサービスだと私は思うので、なるべく病院スタッフの負担が少なく済むように、時間があるときにでもできたらいいのではないかな…?と個人的に思っています。

結局これから当分抱っこは続くしね。

 

明日は切迫入院友達とのランチ。

楽しみだな。

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。