離乳食食べない!でも問題ないよ。(持論)

育児
広告
広告

我が家には2歳と10か月の息子がいます。

 

次男は離乳食ほとんど問題なく進めていて、唯一あまり好きではないものがおかゆなので、朝は私が焼いたパンだったり、ごはんも早すぎるかもしれないけど軟らかめに炊いたごはんを家族みんなで食べています。

 

 

問題は長男でした!

ほんとになにも食べない!!

申し訳ないが次男は育児日記書いてないけど(それだけ問題が少ない)、長男に関しては問題だらけだったので、成長の具合、作った離乳食をすべて書いて記録していました。

 

その記録も一口、嫌がる、泣く…といった悲惨なものばかり。

多くて3口で大喜びしていたオカン。(笑)

 

ベビーフードも全部食べたと思って、自分の作り方が悪かったのかと思い、育児書やインターネットで調べて頑張って作ってみるも食べず。

 

ダメか。と思って、ベビーフードあげるとそれも食べなかったり…(笑)

 

 

 

硬さがあるほうが好きな子

7か月でパンをそのまま突っ込んでみた。(笑)

そしたら少し食べてたけど。

 

口ざわりが苦手なものがあると食べない

ブレンダーを購入しトロトロにしてみた

 

味がないと飽きて食べない

醤油、味噌、ベビーフードを使う

 

だしをきかせた料理を作る

昆布やカツオでだしをとる

 

など、調べに調べて実践したけど効果なし。

 

 

他のお友達は、

普通に食べるよ。子供茶碗ぐらい食べるよ。

なんて聞くと、「私ってダメな母親だ。」って思ってました。

 

たまにあげるハイハインなどのおやつやジュースは飲むくせに、私のご飯を食べないなんて労力を返せー!!とイライラしたものです。

 

当時私が育児書を読みあさっていて、ごはんも食べないのにおやつなんてあげたくない!とうるさかったので、母も義母も離乳食時期に長男におやつをあげなかったのですが、一度だけ母の前でたまごボーロをあげるとパクパク食べる長男をみて言われたことがありました。

 

「今は食べることが楽しいって分からせてあげたらいいんじゃないの~?」

 

そのあとの離乳食はいつもより多めに食べたことを今でも覚えています。

 

 

結局のところ、長男はおっぱいからの栄養で満足していたので私が無理やり11か月で断乳すると、泣く泣くごはんを食べるようになりました。

 

その時は急にやめたので、長男の顔はげっそりし、笑顔も消え、私は本当にひどいことをしたのかも…と涙が出たほどです。

 

それでも数週間ほどすれば、元に戻り誰よりもたくさん食べるような子になりました。お友達のおうちに遊びに行っても、「○○ちゃん(長男)は、何を出してもしっかり全部食べてくれるから、ごはんを作り甲斐がある!」といわれるほど。(笑)

 

 

もちろん好き嫌いや食べムラがある時期もありますが、基本的にはしっかり食べてしっかり動くスタミナ満点元気息子です!

 

 

昔の私がそこにいてるのなら、今の長男のことを教えてあげたいぐらい、とてもつらい離乳食期でした。

離乳食期に食べる練習をして、丸呑みしないようにするとか噛む練習をするとかいろいろ情報があって悩んだものですが、結局今は固い私の手作りパンでもガジガジしっかり噛んでいます。

 

 

いま、離乳食で悩んでいる人。大丈夫!

食べるようになる!!ご飯食べない人はいない!!

大きくなって食べるようになってから、食育始めましょう!!

 

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。