歯医者で歯を抜かないといけないと言われたら。

歯医者さんの話
広告
広告

昨日テレビを見ていると、デヴィ夫人が出ていて虫歯もなく歯も全部そろっているということで…すごかったな。

と、いうかほんとにおキレイですよね~(笑)

 

 

私は矯正もしているので、親知らずと小臼歯を4本抜歯しており24本しかありません。

抜歯となるとテンション下がりました…

 

私の場合は矯正のため!という気持ちがあったのでまだいいのですが、なんらかの理由があって「抜歯しないといけない。」と言われると、

 

えー!?抜歯してそのあとどうなるの?イヤイヤ!!

 

って心境になりますよね。(笑)

 

 

抜歯をした場所によるのですが、だいたいはそこに入れ歯かブリッジという被せものを入れなければいけません。

(保険外ならインプラントも検討してください)

 

 

若い人だと、

え~!?入れ歯?無理無理!!となるかもしれませんが、入れ歯にもメリットはあるんです。

 

 

入れ歯(デンチャー)

 

 

メリット

  • 出し入れが可能なので掃除が楽
  • 隣り合う歯を削る量が少なくて済む
  • 比較的短期間で治療が終わる

デメリット

  • 餅など粘着性のあるものを食べるときに外れやすい
  • クラスプと呼ばれる金具がゆるくなったり壊れることもある
  • 慣れるまで違和感、着脱が面倒
  • 他人から金具がみえることもある(自費なら見えないものもある)

 

ブリッジ

 

メリット

  • 歯に固定されているためほぼ違和感なく食事ができる
  • 他の歯と同じように清掃できる
  • 見た目がそこまで悪くない

デメリット

  • ブリッジのダミーの部分(抜歯した箇所)の下に汚れが溜まり炎症を起こすこともある
  • 隣り合う歯を削らないといけない
  • 支えている歯に何か起これば、またそのかぶせを外して治療しなければいけない
  • 治療期間が入れ歯に比べて長引く
  • 自費なら白い歯でできるが、保険は銀歯

 

 

入れ歯とブリッジ、どちらも良し悪しがあるので自分の性格や考えに合わせて治療を選んだほうがいいです。

このふたつのデメリットを解消したものがインプラントになります。

 

 

しかし、自費になるので治療費が高額になるということと、あごの骨に穴をあけて行う手術になるので、しっかりとした知識と技術を持った歯科医師の治療を受けないと後悔することになります。

 

私は一度、今の医院から他の医院に3か月だけ転職したことがあるのですが、その治療がひどいもので私の正義が許さず、今の院長にお願いをして戻ったほどです。

 

 

治療にはメリット、デメリットがあります。

それを選ぶのは患者さんなので、なにもかも任しっぱなしにせず、一度考えて治療してみたらよいかと思います。

 

 

良ければこちらを押してください(‘ω’)

にほんブログ村 健康ブログへ


人気ブログランキング

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。