子どもの歯並び大丈夫?乳歯の時期に歯並びいい子は要注意!

歯医者さんの話
広告
広告

こんにちは~。

朝6時から子供たちが始動。

おなかすいたー!と騒がれ、保育園の準備をし長男を連れて行き、家に帰ると次男にぐずられ気が付くと一緒に爆睡。

そして保育園のお迎えの時間…

 

しまいにこのまま寝かしつけで一緒に寝るものだから、途中で目が覚めて中途半端に起きて夜は寝不足。負のスパイラル~!!

 

私の時間がないー!!子育て中のみなさん、ほんとに頑張りましょう!(笑)

 

 

さあ、本題です。

 

みなさんのお子さん。今、何歳ですか?

だいたい早ければ乳歯は1歳半で20本生えそろうと言われています。

そこから大人の歯に生え変わり始めるのはだいたい6歳ぐらいからでしょうか。

(もちろん個人差あります。)

 

 

ここでは乳歯のこどもの歯ならびについてなんですが…

 

みなさんのお子さんの歯並び、今どうですか?

 

すきっ歯?きれいに並んでる?窮屈そう?

 

すきっ歯のお子さん順調です!将来は歯並びがよくなる可能性高いです!

 

現在きれいに並んでいる…要注意です!!少し様子を見てください。

 

乳歯で窮屈に並んでいる…ほぼきれいに並ぶ可能性は低いです。今のうちに対策をしましょう!!

 

 

なぜそのようなことが断言できるのか。

それは、生え変わる大人の歯(永久歯)が乳歯よりも大きいからです

 

 

永久歯は押し出すように乳歯の根っこを吸収しながら上に出てきます。

そこで、他の歯がぎゅうぎゅうに生えていると、後から入ってくる永久歯はまだまだ新参者なので、遠慮してちょっとずれたところに生えてしまいます。

 

 

だいたいはじめは上手くならんでいるのですが、だんだん永久歯の割合が増えてくるとどこかにしわ寄せがくる人が多いです。

 

ですから今の乳歯のうちは、すきっ歯ぐらいのほうが永久歯が生えるスペースが確保されているので理想的な歯並びと言えます。

 

 

では、今からできることはあるか…

それは、あごの発達を促すことです。

今、歯並びが窮屈でもあごの大きさは大きくできます。

(歯の大きさは変わらないけどあごの大きさは変わりますからね!)

 

今この状態から、歯が生え変わっていく期間に(小学生ぐらい)どれだけあごを使うかが重要です。

 

歯並びに関しては「子どもの歯並びをお金をかけずに良くする方法」もどうぞ。

 

 

 

さらに幼少期から注意して見ていきたいことは、癖。

矯正歯科では色々な癖(習癖)がないか聞いて、やめさせるようにします。

ちょっとした弱い力でも持続して加わるとそれが原因で歯が動くのです。

 

歯並びが悪くなる原因(癖)
  1. おしゃぶり(指吸)
  2. 口呼吸
  3. 頬杖
  4. 横向き、うつぶせ寝
  5. 爪噛みなど

 

もしお子さんが何かこのなかのどれかでも当てはまっているようなら注意してあげてください。

ただ、この習癖はなにかしらの原因(指しゃぶりや爪噛みはストレス。口呼吸は鼻が詰まって苦しいなど)があるので、怒ってやめさせるのではなくゆっくりと原因をとってあげてください。

 

 

早めに対処できれば、もしかしたら矯正しなくてもいいかもしれません。

もちろん矯正が必要になっても、これらのことは大切なので参考にしてもらえたらと思います!

 

私も成人してからの矯正経験者なので、矯正の大変さも知っています。

みなさんのおこさんが笑顔で楽しく毎日過ごせるように願っています!

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。