産後の奥さんとなかよしするために必要な3つのこと

日記
広告
広告

今日はぽかぽか暖かい陽気。

息子ふたり連れて公園に行き、砂場で遊ばせていると急にほふく前進をする長男…

さらには私の足を砂に埋め、鹿児島の砂風呂状態。

もう好きにしてくれ( 一一)

 

 

本題。

先ほどまでこどもの寝かしつけをして一緒に爆睡していたのですが、昨日はひな祭り。

旦那さんがケーキを買って帰ってくれました。

晩御飯のあとケーキを食べて、こどものお風呂をして服を着せていると、下着姿の私に「今日、しない?」と声をかけ乳を触る旦那さん。

「しないわ!(笑)」と払いのけて、自分とこどもの用意を続けました。

 

 

これ、たぶん立場によって感じることが違うと思うんだけど。

独身の人や新婚さん、もしくは仲良し夫婦なら「ひどい嫁だ!」と思うかもしれない。

 

しかし、育児家事を四六時中している妻にとって、その時間はいくら好きな相手でもちょっと疲れる時間なのだ。

正直そんな時間があるなら寝たい。自分の時間がほしい。

 

でも、夫婦である以上そういう関係がなくなるのは悲しいことなのもわかる。

旦那さんが嫌いなわけではないの。

 

私が思う対処法を3つお話しします。

 

①奥さんの手伝いをする

普通のことですが、育児をしている母は常に時間に追われていて生活しています。

自分+子どもだからね。

 

いくら子どものことをしている時ニコニコしてても、それは可愛いわが子のお世話をしているから。

言わないだけで、心の奥で「ちょっと今、これしてくれたら嬉しいのに。」と思うことが多々あります。

そんな時に、スマホをいじっていたり、タバコを一服しに行ったり、自分のことをされているとイライラしてきます。

 

こういうことの積み重ねがマイナスポイントにつながり、欲求されても「no!」となってしまうのです。

仕事を頑張って帰ってきてくれているのは分かるのですが、ちょっとでも家事や育児を手伝って奥さんの負担を減らしましょう。

 

体の負担が減れば心も余裕が出るはずです。

 

②適度なボディタッチを

普段から何もないのに急に要求されても戸惑います。

 

心は母親なので、女の心に戻ってからじゃないとなかなかしたいと思えない。

(うちの旦那さんは、急に胸やお尻をさわるので、おなかにひじうちや頭突きをして怒ってます。)

 

まずは何もなくても手をつないだり、ハグしたり…

理想は肩や足などマッサージをしてあげると体もほぐれていいかと思います。

自分の欲求の前にまずは奥さんをいたわってあげましょう。

 

③一人の時間をつくってあげる

いつも育児に時間に追われている母親。

すっぴんのままだったり、髪の毛ボサボサのままだったり、こどもが生まれる前と変わったなーと思う人もいるでしょう。

 

でも、きれいになりたくない女性はいないと思います。

ただ自分のケアをする時間がない、外に出る機会もない。

そうなるとどんどん老け込んでいきます。

 

少しの時間でもこどもをみれるのであれば、奥さんに自分の時間をあげてください。

自分の時間をもって楽しんでいる人はキラキラしています。

そうなると余裕ができて、旦那さんからの要求も受け入れやすいと思います。

 

 

まとめ

産後、育児を経て女は変わります。

でも、性欲がなくなったわけではないのです。

(昼顔とか不倫のドラマが好きだったり、主婦の不倫も多いわけだし)

 

やはり普段からの旦那さんとのスキンシップだったり、協力の程度で奥さんの受け入れ方が違うのだと思います。

「今日、夜泣きひどくて~」と言われたら、誘うのは控えて育児や家事の手伝いを増やしたり、「いつもありがとう」とマッサージでもしてあげたら奥さんはとてもうれしいと思います。

 

今は母親の顔でも、やはり女。

付き合っていたころのように大切にしてあげてくださいね。

 

私もきちんと避妊してくれるならしてもいいかと思うな…(笑)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。