掃除機VSホウキ ごみをよくとるのは!?

日記
広告
広告
  • 子どもができるとほこりやゴミが気になるようになった。

小さい赤ちゃんや子供は免疫がないし敏感なので、ほこりがたつだけでも咳をする。

 

さらに長男2歳8か月は遊びながら食事したり、まだ手づかみで食べたり、上手くスプーンですくえずボロボロこぼす。

お菓子もボロボロ…その汚れた手や服のままウロウロ…という状態であちらこちらが汚れる。

 

さらには9か月の次男がズリバイ(ハイハイ)で、そこらじゅうを徘徊するので、服にゴミをくっつけて動き回る。

(人間お掃除ロボット)

 

これでは衛生的にまずいので、毎食毎日掃除機をかけて掃除をするのだがなんだかイマイチごみが取り切れていない気がするので一度掃除機とホウキで検証してみた。

 

掃除機(ハンディタイプ)

 

今回は我が家の狭小住宅の階段で実験してみる。

 

テーブルやいす周りは狭いところが多いため、大きいヘッドを外して掃除機をかけることが多いのだが、隅っこのほうは吸い切らないことが判明した。

 

さらには細いノズルでは時間もかかるし、フローリングや家具を傷つけやすい。

大まかな掃除には向いているなという印象。

さらにこの音で次男が掃除機を追いかけてくることも難点。(笑)

 

ホウキ(小さいもの)

 

こちらは履く部分がしなるので、細かいところにも適格にあたり痒い所に手が届くといった感じ。

細かい砂なども集めてくれるので履いた後のフローリングはあきらかに掃除機で掃除した後とは違う!

 

これは小さいもので、テーブルや隅っこなど細かい箇所を掃除するサイズだが、ぜひお金に余裕ができたら部屋全体を掃除する用に一本いいものが欲しい!

 

ひとつ難点があるとすれば、履くので少しほこりや砂ぼこりが舞うことだろうか…

あと、ちりとりを使って集めてゴミ箱に捨てる作業が少しだけ面倒かな?

ゴミ箱に入れるとき、ゴミが落ちることもある…

 

ついでに(フローリングワイパー)

 

こちらも細かいところには不向きだが、ほこりや髪の毛はきっちり絡みとってくれる。

砂は集める程度ではあるが、まあまあ役に立つ。

これはほぼ無音でほこりもたたないので、次男がいてもさっと軽い掃除には便利だ。

 

まとめ

きっちりゴミを集めるならホウキに軍配が上がった。

しかし、ホウキは時間もかかるし部屋全体の掃除となるとやはり手軽なのは掃除機だろう。

私のおすすめはホウキで細かいゴミを集め、最後に掃除機で吸うとスッキリ綺麗な状態になる。

フローリングワイパーもコストのことを除外したら、掃除機を併用でいいかと思う。

 

 

ちなみに、カーペットを掃除機で掃除したあとホウキで履いてみるとこれだけ汚れが出てきた…(汚い)

ホウキはどこでも使える万能だ。

育休終わって仕事復帰したらお給料でホウキ買おう。(笑)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。