歯を白くする方法(ホワイトニング)

歯医者さんの話
広告
広告

芸能人は歯が命なんて昔はよく言ったものですが、今はFacebook、Instagram…SNSでみんなが顔を出して写真を広めるような世の中になりました。

アプリで可愛く映るようなものや、ほぼ別人だな…という写真を載せている人も多いような気もします。(笑)

 

写真ではあまり歯まで見えないですが、テレビを見ていると芸能人の歯は白いですよね~。

あと外国人の歯も白いです。

だから自分の歯を見て黄色い!と思う人も多いかと思います。

できたら白い歯がいいですもんね。では、どのようにして歯を白くしていくのか。

 

 

歯の表面についている着色をとる

毎日食事をしていくと、歯も着色汚れがついていきます。

特にコーヒー、紅茶、ワイン、タバコのヤニは天然の歯にも付きやすいです。

ついてしまったものは自分での歯磨きだけではなかなか取れないので、歯科医師や歯科衛生士のプロの手を借りて取ってもらいましょう。

それだけでも少し明るくなりますよ。

 

昔、治療してもらったところをやり直す

銀歯は別として、虫歯で保険の範囲で治療すると、レジンという樹脂を使って白い歯のように見せています。

そのレジンは樹脂なので、プラスチックと一緒と思ってもらったらいいです。

プラスチックのお皿にカレーやミートソーススパゲティをずっと入れていると着色します。

お皿なら塩素につければとれますが、口の中にそんなもの入れれないですよね。(笑)

なので、あまりに古い詰め物や被せものならやり替えてもいいのかな…と思います。古いものなら隙間から虫歯になっていることもあるので。

 

また着色してまたやり替えてを繰り返すのはちょっと…というのであれば自費の治療でセラミック(陶器)をお勧めします。

もちろん自費なので少し高いのですが、強度も高いし汚れもとれやすいしお勧めです。

私がもし前歯でも打って被せものをしないといけなくなったなら、ちょっと頑張ってでも自費のセラミックを入れたいと思うほどです。(奥歯は保険でいい。(笑))

 

ホワイトニングをする

最終手段ですね。

これは本当に効果があります。

歯を本質的に白くします。

ただ、ホワイトニングをするとあまり着色するものは食べれません。少し歯がしみるようになることもあるようです。

歯科医院でしてもらうものと、家でマウスピースに薬液をいれてするものもあるのですが効果が早いのは歯科医院でしてもらうほうです。

ホワイトニングに関しては、結婚式や大事なイベントの前などにしてもらうといいのかと思います。

 

「私の歯、黄色くありませんか?ホワイトニングってどうなんですか?」と聞かれることもたびたびあります。

もちろん審美歯科のようにホワイトニングに力を入れている医院もあるのでいいとは思うのですが…

ひとつ言わせてもらうと日本人は歯が黄色い人が多いのです。

そして、人それぞれ色調も違います。

肌の色が違うように歯の色も違うのです。

だから、そこまで気にならないのなら普段のケアでいいんじゃないですか?と伝えています。

 

自宅でのケアにはこちら。



初回6,000円OFF!!『プレミアムブラントゥース』
をお勧めします。

 

 

まとめ

結局のところ、私がいちばんいいと思うのは毎日のケアをしっかりすることです。

ホワイトニングも一度してみましたが、毎日のコーヒーを我慢できず結局着色してしまったのです。

本当に美意識が高い人、もしくはなにかイベントがある人にはとてもいい方法だと思うのですが、なんか黄色い気がする…ぐらいの感じなら一度歯科医院でお掃除してもらうことをお勧めします。

 



にほんブログ村

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。