1日1回の歯磨きでも虫歯にならない方法

歯医者さんの話
広告
広告

突然ですが、あなたは1日に何回歯を磨いていますか?

食事のあと必ず磨くという人、私が驚かされたのは間食の後もきちんと歯を磨いて歯間ブラシやデンタルフロスまで使っているという患者さんもいらっしゃいました。

 

ちなみに私は現在育児休業中…磨いて朝と晩。

ひどいときは晩しか磨いていません。

歯科衛生士のくせにけしからん!と言われそうですが、毎日の育児に追われていると自分のことは後回しになって忘れることが多いのです。(言い訳だけど)

 

ただこういう人が多いのが現実で、仕事をしている人はもちろん、主婦や学生など忙しい現代社会、歯を真剣に磨く時間を作るのは難しいのではないのでしょうか。

 

では、どうやって虫歯対策をするのか。

 

夜の歯磨きを丁寧にする

たまにいてるのですが、朝だけ歯磨きをしているという人がいます。

歯磨きは家族の中での習慣からくることが多いので、お風呂場で歯を磨く人、リビングで磨く人とか色々聞くのですが、時間帯だけは1日1回しか磨かないのであれば晩に磨いてほしいのです。

口の中にはつば(唾液)が常に出ているのですが、この唾液が口の中の食べかすを洗い流してきれいに保つ働きがあります。

食事をすると口の中は酸性になり歯が溶けていくのですが、この唾液が中性に戻して溶けないようにしてくれます。

歯垢(プラーク)という細菌のかたまりも、唾液があまり増えないように働いててくれます。

ただ、夜寝るときだけ副交感神経の関係で唾液の量がかなり減ります。

そのときに歯磨きをしていないと、口の中に残っている食べかすに細菌が群がり、歯垢となってべったりくっついてしまうのです。

歯垢のイメージとしては排水溝のぬめりと一緒です。

朝、口の中がねばついて気持ち悪いという人は、歯が磨けておらず細菌まみれのため気持ち悪いのです。

 

ですので、朝だけ歯を磨いているという人は是非晩に変えてください。それだけでもかなり違ってくると思います。

 

間食をへらす

ちょこちょこ食事をすることは口腔内を酸性にする時間が長くなるのでおすすめできません。(ダイエットにはいいそうですが)

間食なんてあまりしないという人も、市販のコーヒーや紅茶をちょこちょこ飲むのも危険です。

あの中には思っている以上に砂糖が入っています。

水分補給なら無糖で、甘いものを取りたいのなら決まった時間にまとめてとることが歯にはいいです。

甘いお菓子とかあまり食べないのによく虫歯になる…という人はそのあたりを思い出してください。

 

歯間ブラシと糸ようじを使う

歯磨きの時に、歯間ブラシや糸ようじを使っていますか?

歯ブラシだけでの歯磨きでは60%しか汚れがとれないという調べも出ています。

よく考えれば分かるのですが、歯って奥歯も前歯も4面ありますよね。

だから、歯と歯の間の掃除をしないとそこから虫歯になるのです。

今までの治療のあとをみて、銀の詰め物や樹脂(白い詰め物)が歯と歯の間にまでかかっているのが多ければ、そこから虫歯になりやすいようなので特に念入りに糸ようじなどを使って掃除するようにしましょう。

 

虫歯になりやすい場所を念入りに掃除する

私はあまり歯磨きできていないと先ほど言いましたが(恥ずかしい)、このポイントを押さえて効率よく磨いています。

虫歯になりやすい場所は

  1. 隣接面(歯と歯の間)
  2. 咬合面(かみ合わせ)
  3. 歯頚部(歯と歯茎の境目)

歯磨きをするといって、いつまでも前歯の表側や、奥歯の外側を掃除していても意味がありません。←旦那さんね。

きっちりポイントを押さえて効率よく磨きましょう。

 

終わりに

歯の質が柔らかくてもともと虫歯になりやすい人、歯並びが悪い人、口呼吸で乾燥ぎみの人など、これだけで完全に虫歯予防になるわけではありません。

でも少しの意識でリスクは減らせると思います。

ちょっとでも虫歯の人が減りますように。

ちなみに私もあのタービンで削られる音、苦手です…。(笑)


にほんブログ村

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。