歯の溝が黒いのは虫歯?

歯医者さんの話
広告
広告

この質問は歯科衛生士の仕事をしているとよく聞かれることですが、答えはほとんど「はい。そう思います。」と言うことが多いです。

たまに溝に付着した着色汚れの時もあるし、全てが虫歯とは言えないですが・・・
最終的な診断は歯科医師がするので、こちらからはハッキリと虫歯です!とはあまり言いません。

だいたいの医院ではエキスプローラーと呼ばれる先が尖った器具で触って確認したり、デンタルと呼ばれる小さいレントゲン写真をみて診断しています。

 

ただ虫歯だからといって必ずしも削って治療するとは限らず、このまま進まないか経過をみたり、フッ素を塗って様子をみることもあります。

(フッ素とはまた後々話しますが、歯を強くする効果があります。歯科医院で使うものは市販で売られているものよりも濃度が高いです。)

え?削らなくていいの?と驚かれるかもしれませんが、
歯は基本的に脱灰(破壊)と再石灰化(再生)を繰り返しており、初期の虫歯であれば再石灰化で戻ることもあるのです。

ただ、そのまま放置していたり上手く歯磨きができずに歯垢が付着したままだと確実に穴があきます。
そうなるとみんなが苦手なドリルで治療されてしまうので、怪しいと言われた歯は気を付けて磨きましょう。

ちなみに虫歯になりやすいと言われる部位はここです。

  1. 咬合面(嚙合わせるところ。溝や穴)
  2. 隣接面(歯と歯のあいだ)
  3. 歯と歯茎の境目

よく歯科衛生士の試験ででるやつだな…

 

歯と歯の間はくっついているようにみえますが、糸が通るぐらいの隙間が必ずあるので、定期的に糸ようじやデンタルフロスを通すことをお勧めします。

歯磨きの仕方も自己流の人が多いので、歯科医師や歯科衛生士に教わったほうが効率よく磨けるようになるかと思います。

今回は初期の虫歯の話なので再石灰化で様子をみるという話でしたが、もう少し進んでしまうと骨や筋肉とは違い歯は元には戻らないので大事にしてくださいね(‘ω’)ノ


にほんブログ村

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。